メディア 漫画

新しい切り口の旅行記「世界一周ホモのたび」を読んでみた

投稿日:

ビッグバナー

他人の旅行記が好きでよく読んでいるのですが「世界一周ホモのたび」という面白そうな一冊の本を見つけました

一体どんな内容なんだ・・・? ワクワクがとまんねぇ

 

そんな新しい切り口のコミックエッセイ、「世界一周ホモのたび」を紹介しようと思います!

 

世界一周ホモのたび

楽園(ハッテン場)を求めて世界を駆け巡る!! タイ、韓国、ドイツ、クロアチア、ハンガリー、バリ、台湾……。ホモライターによる異色の旅行コミックエッセイ!!
ホモライター・サムソン高橋が体当たりで体験した海外のあんな事、こんな事! ホットな情報が盛りだくさん!!

あのさぁ・・・

 

世界一周と言ってますが今回(1巻)の舞台は上記にある国々。現在4巻まで発売中です

ホモたび著者はあのサムソン高橋!(知らない)

調べたらライターの方でその界隈ではとても有名な方でした

 

淫乱テディベアの名づけ親も彼らしい。淫乱テディベアは聞いたことあるぞ!

これは期待できる!

 

ホモたびってどんな内容?

一言で言うとホモの現地レポート

前半は著者がいかにしてホモライターとなったかの半生記みたいなものかな?

後半は滞在した国々でハッテン状況を赤裸々に描いています。こちらがメインですね

 

内容はかなりディープなホモの世界を話してくれています。実際に現地に行って経験して知り得ないと描けない内容ですね

内容は過激ですが絵柄が可愛らしいので不快感はありませんね

電子書籍レンタルサイトのRentaで数ページ読めるので雰囲気を知りたい方は読んでみてはいかがでしょうか

 

色々な用語の説明も入り知らないことだらけなので「そうなんだ~」と素直に関心してしまうことも

自分はノーマルなのでこういった本を読まない限り知ることのない世界なので興味深く読んでいますね

 

また著者が旅好きなのもよくわかり旅行記としても優秀で宿、食事、酒など色んな情報が盛り込まれているのでこれが役に立つ

「ホモ」という新しい切り口ですが旅エッセイが好きな人は面白く読めると思いますよ!

 

まとめ

世の中にはまだまだ”未知”の世界がある。そんな風に思わせてくれる一冊でした

 

全く知ることのない異なる視点からその国が見られて興味深かったです

これから生きていく中でとくに役に立たないであろう知識が身につきました

こんなテーマの旅も話を聞く分には面白い!

 

また、各都市の安く快適な宿と美味しい食事とお酒のレポートとしても優れているので読む価値はある

漫画のイラストも可愛くテンポよく読めるので空いた時間などに読むのに適していると思いました

旅エッセイ好きなら読んで損はないと思いますよ!

おすすめ記事

1

Fate/stay nightが世に送り出されてから10年以上が経ち現在もシリーズを拡大し続け人気が高まっているFate ...

2

エロゲ、それはエッチなシーンがあるゲーム シナリオゲーに必要か否か人によるだろう 僕も昔は好きでエロゲをよくやっていた・ ...

-メディア, 漫画

Copyright© OTAKUがKITAKU , 2017 All Rights Reserved.