メディア ラノベ

序盤からトップギア!SFラノベ『筺底のエルピス』

更新日:

ビッグバナー

オキシタケヒコ先生の『筺底のエルピス』を読みました!

元々はゲームのシナリオライターなどをやっていた方みたいです。

本作品はラノベとしてのデビュー作品でSF異能バトルものなんですがめちゃくちゃ面白い・・・

 

とりあえず感想を書きつつどんな物語かを紹介しようと思う。

 

筺底のエルピス

人類の存亡をかけた影なる戦い。

殺戮因果連鎖憑依体――

古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれてきたその存在は、感染する殺意であり、次元の裏側から送り込まれた人類絶滅のプログラム。
日本の暗部である《門部》は、不可視の存在を網膜に投影する改造眼球『天眼』と、時を止める超常の柩『停時フィールド』を武器とし、そのプログラムを追い立て、狩り、そして葬り続けてきた鬼狩りの組織だ。

時は現代。

百刈圭(ももかり・けい)と、乾叶(いぬい・かなえ)――心に傷を抱えて戦う二人が遭遇したのは、歴史上、たった六体しか確認されていない《白鬼》だった。
叶の親友に憑依したその鬼を巡って組織が揺れる中、黒ずくめの刺客《ゲオルギウス会》が動き始める。それは日本を守護する《門部》と同じように、ヨーロッパで連綿と戦い続けてきたもうひとつの鬼狩りの組織――バチカンの狩人たちだった。

《白鬼》とは何か。二つの組織の衝突はいかなる戦いを引き起こすのか。そして、滅亡を防ぐ希望はあるのか。

人類の存亡をかけて戦う、影なる戦士たちの一大叙事詩が、いま語られる。

上記は1巻である『筺底のエルピス -絶滅前線-』のあらすじです

 

殺戮因果連鎖憑依体

本作品の敵であり未知の存在。古来より『鬼』や『悪魔』と呼ばれ人類が戦ってきた敵

 

『殺戮因果連鎖憑依体』は作中でも以前謎とした存在なのですが、こいつの厄介なところは存在が知覚できずに人間に憑依していくことにあります。

憑依することで人間の殺意を増幅させ、憑依された人間が殺されることでまた人へと憑依していきどんどん力を強めていく

そんな化物じみた存在

 

対抗していくには存在を知覚するに人体に不可視の存在を網膜に投影する改造眼『天眼』

戦うために必要な超常の武器『停時フィールド』が必要不可欠となります。

それらをもたらすのは古来より鬼狩りをしてきた組織『門部』

 

と簡単に説明するだけでもムセる熱いワードがズラズラと出てくる作品です。

 

作中に散りばめられる様々な謎

本作品はSFなのでワームホールだの異星人文明といった良く聞くSFワードがたくさん出てきます。

 

登場する組織も日本にある『門部』、ヨーロッパ側の『バチカン』 そして謎に包まれたもう一つの組織・・・

など宗教から陰謀論、オカルトなど様々な界隈のワードが出てきてワクワクするしかない

どの組織も根幹にある目的は『人類を救う』ことですが各々特徴が違うのも面白いですね。

 

和と洋が上手く融合している作品になっていると感じます。

 

 魅力的な設定

異星人によってもたらされた超常の武器『停時フィールド』

読んでの字の如く、時間の停まったフィールドのことなんですが使い手によってまったく別物の武器なんです。

発現したときの精神性により大きさ、形状、有効距離、展開持続時間、遠隔固定機能とぞれぞれの能力が異なるので同じものは何一つとしてありません。

 

各々違うので様々な使い道があり、それらを活かした戦闘シーンは見応えがあります!

これは是非、映像で見たいなと思いました。

アニメ化待ってますね!

 

まとめ

魅力な設定が豊富で非常に楽しめました。

『殺戮因果連鎖憑依体』、『天眼』、『停時フィールド』などは素晴らしい!

緻密な設定は流石ゲームシナリオライターといったところでしょうか

 

本当に展開が面白い! ただ凄惨なシーンも多いので苦手と感じる人はいるかもしれない。

しかしそれがまたこの世界観をより一層面白くさせていると思います。

 

異能バトルもの、SF好きには本当にオススメしたいです!

現在、5巻まで発売しています。

とりあえず4巻で一区切り着き、5巻から新しい物語が始まるので是非手にとってみてください!

おすすめ記事

1

Fate/stay nightが世に送り出されてから10年以上が経ち現在もシリーズを拡大し続け人気が高まっているFate ...

2

エロゲ、それはエッチなシーンがあるゲーム シナリオゲーに必要か否か人によるだろう 僕も昔は好きでエロゲをよくやっていた・ ...

-メディア, ラノベ

Copyright© OTAKUがKITAKU , 2017 All Rights Reserved.