雑記

秋葉原のわたあめ専門店『C.P.CANDY Akihabara』に行ってきた!

更新日:

ビッグバナー

2017年12月末にオープンしたメイドがわたあめを販売する専門店『C.P.CANDY Akihabara』

知らずに歩いていたらたまたま秋葉原で見つけたのですが気になったのでさっそく食べてみました!

 

メイドが作るってだけで行く価値ありますよね・・・!?

 

C.P.CANDY Akihabara

秋葉原の駅前のセガがある真横にオープンしたわたあめ専門店なんですが作ってくれるのはメイドさん!

なんとも秋葉原らしいお店です。

 

メニューは1色わたあめ、2色、3色わたあめの3つとシンプルなもの

色によりフレバーが違うので多種多様なカスタマイズが楽しめそうでした!

(あか、ピンク、あお、むらさき しろ、オレンジ、きいろ、みずいろ、みどり)

 

1色だと400円

2色だと500円

3色だと600円

 

わたあめと考えると割高な気もしますがお祭りの露店で売ってるのもそれくらいなので妥当な価格だと思います。

なんたって目の前でメイドさんが作ってくれるからネ!

 

入り口の前に券売機で券を購入して渡せば何色するか聞かれるので好きな色を答えましょう。

 

僕は単色の水色をチョイス!確かラムネ味だったかな?

あまりラムネ感はないので味より色で決めた方がいいかも

こんな感じでメイドさんが目の前でわたあめを作ってくれます。

ちなみに購入すれば写真撮影、動画撮影はOKみたいですよ!

 

みるみる大きくなって行く

大人になるとわたあめを食べる機会なんてないのでわたあめのサイズに比例して期待も大きくなっていきました。

 

そして完成したのがこちら!

うーん、でかい!

想像以上にでかかったので食べきれるか心配になりましたが無事食べれました。

 

このわたあめ手で取ろうとすると弾力があって伸びるんですよね

なので割りと食べづらいです。手が汚れるのを覚悟しましょう笑

 

3色だと1色の1.5倍くらいのサイズでかなりのボリュームなのでかなり食べ応えあると思いますよ!

 

まとめ

秋葉原のわたあめ専門店『C.P.CANDY Akihabara』

価格も手頃なので秋葉原に行った際にはどうでしょうか?

 

インスタ映えも間違いなしの面白わたあめでした!

-雑記

Copyright© OTAKUがKITAKU , 2018 All Rights Reserved.