メディア 映画

海外ドラマ『シリコンバレー』が面白かったから魅力を語るよ!

更新日:

ビッグバナー

Huluで独占配信してる海外ドラマ「シリコンバレー」が面白かったのでネタバレしない程度に魅力について話すよ

 

ドラマ「シリコンバレー」あらすじ

舞台はシリコンバレー

アップル、Googleなど多数の大企業が生まれたIT企業の聖地だ

シリコンバレー

本作の主人公はトーマス・ミドルディッチ演じるリチャード・ヘンドリックス

画像の真ん中の人です

内気で冴えないプログラマーのリチャードは、起業家のアーリックの元で仲間数人と共同生活をしながら自身でオリジナルの音楽の盗作を監視するサービス「パイドパイパー」を開発

アーリックには一蹴されたもの「パイドパイパー」内で使用されている劣化せずにデータを圧縮する技術が大企業の目に止まり大金での買収を持ちかけられます

リチャードは技術を売って大金を得るか、データ圧縮技術を用いて起業(スタートアップ)をするか悩んだ末に仲間たちと起業(スタートアップ)を決意したがリチャードは経営のことが何一つわからないので様々なトラブルに見舞われます

そんな彼らの日常を描くコメディドラマがシリコンバレーです

 

シリコンバレーの魅力は下ネタにある?

僕がこの作品の好きな所の一つが下ネタです

下ネタとシリアスな場面が絶妙に混ざり合い最高に面白い

例えばこの画像、シーズン1のあるシーンの一つですが真剣に議論しているように見えホワイトボードには何やら卑猥なものが描かれています

シリコンバレー シーズン1

しかしこの議論で新たなアイディアを得て物語は大きく前進していきます

こういった一見アホらしいが意味のある下ネタだったりただのくだらない下ネタがあり笑える!

何度か声を出して笑っちゃうようなシーンもありました

 

f:id:otakuchblog:20161228094152j:plain

こうした魅力が光るのも登場人物の一人ひとりが個性的なキャラクターだからだと思います

本当に一人ひとりが面白い!

 

ハチャメチャだが面白く胸に響くリアルなシナリオ

リチャードが苦悩する様子や成長を遂げいていく過程がとてもリアルでシリコンバレーでの起業(スタートアップ)がどういったものなのか雰囲気が掴みとれます

ディレクターが元シリコンバレーで働いていた経験があるみたいなのでそういったところが忠実に反映されているのでしょう

また、IT業界にあるような「あるある」ネタが満載

業界人なら思わず「わかるわ~」と言ってしまうと思います

個人的にシーズン3の話にあるタブ派とスペース派の話が好きですw

ドラマの公式サイトも実際にありそうな企業で芸コマ!

派手な演出はないですが淡々とストーリーが進んでいく中に確かな面白さがあるので万人におすすめできるドラマです!

 

さいごに

一話30分程で空いた時間に軽く見れるのもこの作品のいい所だと思います

現在はシーズン3まで配信中!

シーズン1は8話構成で2,3は10話構成になっています

元々は「ゲーム・オブ・スローンズ」を見るためにHuluに登録したのですが邦画、洋画の他にアニメ、海外ドキュメンタリーなど魅力的な作品はたくさんあります!

Huluは月額933円で楽しめ最初のお試し期間の2週間は無料なので是非どうぞ!

シリコンバレーは短いので2週間あれば全話見れます

なので見終わったら解約なんかもアリですね

登録はこちらから▽

海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

関連記事

Amazonプライムビデオのおすすめ名作映画90選

モーガン・フリーマンの演技が光るおすすめ映画9作品

セクシーハゲ!ジェイソン・ステイサムが出演するおすすめ映画6選はこれだ!

-メディア, 映画

Copyright© OTAKUがKITAKU , 2017 All Rights Reserved.