雑記 雑記-イベント

KOKIA Concert/LAYERS~lights and shadows~森羅万象に行ってきた感想/レポ

更新日:

f:id:otakuchblog:20161107214520j:plain

こんばんは、帰宅ちゃんです

11/5(土)東京国際フォーラムで行われたKOKIAさんのコンサート

LAYERS~lights and shadows~森羅万象に行った感想/レポートになります

視覚と音世界の融合、再現性に悩みパフォーマンスの形を模索していたKOKIAコーラス多重でつくられた世界を耳からだけでなく、目からも楽しめる形としてKOKIAがプロデュースするステージです。
歌い手として、そして音のデザイナーとして皆様に折り重なる音で不思議な世界へお連れしたいと思っています。

と告知されていたのでどんな演出なのかワクワクしてました

KOKIA独立から10年目の新たな挑戦、いったいどんなものなのか

 LAYERS~lights and shadows~森羅万象

今回のコンサートは、多重音源の楽曲を集めたものでした

KOKIAさんの多重音源の楽曲は幻想的で壮大なものが多くどう表現するのか?それも楽しみでしたね

 耳からだけでなく、目からも楽しめる形

とあったように今回のコンサートは『聴く』だけではなく『視る』ことでも楽しめるコンサート内容になっていました

KOKIAさんによる『語り』がありミュージカル要素が強かったです

もともと人々は同じ言語を使用して「想い」を共有できていたのに、だけど互いの「想い」が分かってしまうが故に、争いが起こるようになった。それを見ていた神が嘆き、それぞれに違う「言葉」を与えた。互いの「想い」は共有できなくなり不自由さが残ったが、争いはなくなった

Twitterでも言及されている方がいましたが『語り』の内容は旧約聖書にある『バベルの塔』が元ネタのようですね

ステージでKOKIAさんが歌いダンサーの方々が舞いながら世界観を構築していく姿は圧巻でした

ステージ中央で舞っていた布も世界観を構築するのに大事なものだった

なんだろうあれ?と思い調べてみたらこんなものがあるみたい

xenontenter.com

これを見て頂ければ雰囲気は伝わると思います

とにかく幻想的でした

あれがKOKIAさんの中にある世界なんだろうなぁ

正直言葉だけで伝えるのが難しい、あれは視ないとわからない感覚だと思う

セトリ

半分以上新曲でした!

そして既存の曲は新規で再アレンジしたものを使用


EXEC_COSMOFLIPS/. KOKIA

EXEC COSMOFILIPSをコンサートで聴けるのを心待ちにしていたファンも多かったのではないでしょうか?

僕もその一人です

一曲一曲が壮大で素晴らしかった

コンサートで曲の物語を見せるって凄いことじゃないでしょうか

幻想的な世界にいる、そんな気分になった

日本語楽曲はラストにあった新曲のみでしたが、言語を超えたメッセージがあるのもKOKIA語の魅力でしょう

さいごに

控えめに言って最高のコンサートでした

恐らく賛否両論があると思いますが今回した新たな試み、僕は好きです

KOKIAさんの中にある世界観が少し垣間見えた気がします

ただ多重録音楽曲もあり、録音した音声が大きくKOKIAさんの生歌の良さが消えてしまうのが残念でしたね

でもそれを踏まえても他のアーティストにはマネできないような圧倒的なコンサートだったと思います

『女神』かと思ったからね

正直、鳥肌が立った

次回は、来年1月に行われれるオーケストラコンサートに参加予定です

それではまたっ!

-雑記, 雑記-イベント

Copyright© OTAKUがKITAKU , 2017 AllRights Reserved.